585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50

  1. ホーム
  2. スポーツ・レジャー
  3. テニス
  4. ボール
585円 買い保障できる 585円 絶品 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50

硬式テニスボール(メーカーランダム) 中古60球セット No.50

585円
お買い得モデル 硬式テニスボール 中古 60球 バッテリーの一つが使えなかった。 使用済みテニスボール 70球 【海外輸入】
ナガサキヤ発行 清原和博 トレーディングカード フラダンス楽器 ウリウリ
新品買ったのに、ひび割れが数か所。有り得ないよね、こんなの詐欺か人を馬鹿にしてんのか 楽天市場 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット 即日発送 硬式テニスボール60球 女子練3週間使用 585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50 メーカーで洋服の金属探知機に使用しています。金属に反応する、スピードが速くレスポンスが良い。適度なサイズ感で持ちやすいですね。 中古 テニスボール プレッシャーボール ノンプレッシャーボール セール特別価格 中古硬式テニスボール60球 ヘッドその他 硬式テニスボール(メーカーランダム) 中古55球セット 送料無料激安祭 USED 硬式テニスボール 60球 www.anavara.com スライド面がそれぞれ1面で、、私には、あまり使い安くはなかったです。 卓抜 中古テニスボール 60球 www.anavara.com 秤量(測定可能な最大重量) 500g までが、0.01g の目量 (最小目盛り、分解能) で測定できる電子式のスケール(はかり)です。高精度の小型キッチンスケールとして、非常に実用性が高い商品だと思います台所で、食材に振りかけたり調合する食塩・調味料や香辛料の量を正確に扱う、などの目的で購入しました。実際の使用ケースとして、魚の切り身に塩・こしょうを振りかけたときに、その重さの変化を検知できるかを調べました。卓上焼き塩の一振りはおおよそ 0.03g ですが、一振りごとの重さの変化をすぐに正しく検知できました。勘に頼る必要がなくなり、これは便利です。日本規格の家庭用キッチンスケール ( JIS B7613 「調理用はかり」のうち、重力補正方法に「地域指定方式」を用いるもの ) は、本製品と比べると ひどく時代遅れで使いにくく感じます。私は、この方式の日本製で目量 0.1g のものを他に持っているのですが、それは電源を入れるたびに精度設定が必要です。また、300g を超えると強制的に精度を 0.5g に落としてしまい、元に戻すには、軽くした上で、再設定することが必要、という手間のかかる使い勝手になっています。せっかくの高精度モード (目量 0.1g, 計量精度 +-0.3g) も実用性が大きく損なわれています。(たとえば、私が調理で愛用するガラス製耐熱ボウルは、重量が 285g ほどあります。なので、高精度モードで計量できる重さは、総量が大さじ1杯程度に限定されて、それから先は、中間精度モード (目量 0.5g, 計量精度 +-1g )になってしまいます。)その点、本製品は私には便利で快適に使用できます。はかりとしての基本性能が大きく向上し、使用上の制約が少ないことにより、調理時に期待通りの働きをしてくれます。(両者の基本性能の大きな違いについては、下記の補足1にて考察します。)本製品の使用法ですが、通常の日本規格のキッチンスケールとは異なる注意点があります。これまでのものはボタンが2つなのに、これは4つもあり、最初は少々とまどいました。小さい字の英語の取説を熟読することが必要です機能は電源の on/off, ゼロ点リセット の標準的な機能に加えて、表示単位切り替え, 計数、校正 など、多機能です。一番の大きな違いとして、このはかりは日本規格のような使用地域指定ではなく、分銅により重力の違いを補正する校正機能をもっています。補足1の議論とも関係しますが、本製品は、使用開始前に分銅を用いた初期校正を行うことを強くおすすめします。(校正を行わなくても使用はできますが、表示がかなり不正確になります。私が購入したものでは、校正前には、500g で 0.5g (目量 50 個分) を超える誤差のある値を表示していました。初期校正として、手持ちの校正用分銅(許容誤差 50 ppm, M1級 相当) を用いて、説明書に従い校正を行いました。 校正後は、こうした大きな誤差はなくなりました。校正後の本製品の精度詳細は、下記の 補足3に示します。)このはかりは、500g の分銅ひとつがあれば、それを台にのせてボタン操作するだけで、短時間で校正できます。ただし、ボタン操作自体はちょっと複雑で、英語の説明書を読まないと行えません。本製品の能力を活用するには、500g の校正用分銅を別途用意することに加えて、校正手順を記した日本語メモをつくり、分銅とともに手元に保管しておくと便利でしょう。なお、再校正がどれくらいの頻度で必要かは今のところ不明です。情報が得られた時点で追記したいと思います。(年1回くらいで済むと助かります。)(補足4 に、校正2週間後に校正分銅を用いて再測定した結果を付記しました。)まとめですが、本製品は、小型ながら基本性能が高く調理で使いやすい優れた商品だと思います。もし、現在利用しているキッチンスケールが g 単位表示までで少量時の精度が足りない、あるいは 300g 以上で測定精度が強制的に下がるため、加えた食材・調味料などの増加分の精度が足りない、などの不便を感じている場合には、本製品は特におすすめできます。また、もし初期校正・動作確認・再校正などのため新たに 500g 分銅を用意する場合には、本製品の用途・性能を考慮すると、M1 級相当以上のものが望ましいです。なお、コーヒーを入れるなど、秤量 (500g) を少々超える場合でも便利な使い方があることがわかったので、補足 5 に追記しました。 [ 補足1: 日本規格の調理用はかり が抱える問題と根源 ]日本規格の家庭用の調理用はかりの性能が海外製品に比べて非常に低く使いにくいのは、 関連するJIS 規格 B7613 が不適切で、直線性の精度要求に過剰規定があるからだ、と私は考えます。まず、性能が著しく低い点。基本性能では、はかりの重要な性能指標である 目量 および 目量の数 (秤量 を 目量 で割った値、以下、総目量数とよぶ) に大きな差があります。日本規格の家庭用キッチンスケールでは、目量が 1g, 0.5g または 0.1g です。また、総目量数も わずか 3k に過ぎません。一方、この製品を含む多くの海外商品は、数千円以下の手軽な小型のスケールであっても、目量は 1g, 0.1g, に加えて 0.01g の商品があります。総目量数もこの製品を含む多くが 50k に達しています。計量精度も計量できる範囲も、文字通り「桁違い」の差があります。日本規格のキッチンスケールの性能の低さの根本原因は、総目量数の少なさ ( 3k ) にあります。さらにこれは、重力補正を地域指定にしていることに起因していると考えられます。日本は地域により重力差があり、はかりの表示値に思いのほか大きな誤差を生み出します。東京を基準にすると、北の稚内で +900 ppm (ppm は 1/1,000,000 のこと),  南の鹿児島では、-300 ppm,  沖縄だと -700 ppm ほどになります。総目量数が 3k (分解能 333 ppm) 程度だと、現状のような十数個までの地域指定(あるいは重力の有効桁4桁の選択) で重力補正することで十分でしょう。しかし、総目量数を 50k (分解能 20 ppm) に拡大するとそれは不可能です。重力誤差を目量 の 1/3 程度に抑えて補正しようとすると、地域指定方式では、 240 ほどに分類する必要が出てきます。加えて、標高や高度などによる補正も必要です。(日本近辺では、地面の標高がおよそ 50 m 上がるごと,また、地面から利用場所までの高さがおよそ 32 m 上がるごとに、それぞれ重力基準となるジオイドの値から 10 ppm ずつ減少します。) これらの複雑な重力補正を「調理用はかり」の家庭ユーザに行わせることは現実的ではありません。どうしても、設置場所にて分銅を用いて重力補正する、本製品や電子天秤で用いられている方法をとらざるをえなくなります。分銅を用いた校正には、主に重力の影響と重量センサー感度を調整するため、秤量近くの1点およびゼロ点で校正を行うスパン調整と、加えて秤量の半分(半量点)近くでも分銅による校正を行う非直線性誤差校正の2種類があります。(本製品を含めて、家庭用キッチンスケールは大部分がスパン調整のみですが、一部製品には非直線誤差校正機能をもつものもあります。)こうした分銅校正機能を持たせても、実は問題が依然として残ります。それは、JIS B7613 が不適切な規定を含み、規格準拠の重力補正を行うには、用途にそぐわない高精度・高価な分銅を要求するからです。日本の規格では、目量と総目量数を基準に最大許容誤差を定めます。これが、総目量数の大きな高精度の家庭用はかりをつくる上で大きな支障となります。たとえば、「家庭用キッチンスケール」である本製品を、日本規格の家庭用調理はかりに基づいて、設置場所である「家庭」において校正しようとすると、総目量数 50k の分解能 20ppm のさらに 1/3、すなわち、 6.6 ppm の精度での校正が要求されます。これは分銅では F1 級 (許容誤差 5 ppm) に相当します。この精度は、企業の研究所で扱うような、非常に高精度・高価なものです。精度を長期間維持するのも大変です。そんなものが、数千円以下の「調理用はかり」を使う各家庭で必要だなんて、ばかげています。これは、現実の調理においてユーザが重さ計量に何を期待しているのかに無関心・無頓着で、規格内容が「高性能な家庭用キッチンスケール」に求められる機能・性能要件を正しく把握・反映していないからです。調理の場合、高精度が必要なのは、ガラス耐熱皿に少量の食塩を計り取る場合のように、皿を置いてゼロ点に設定して、それに載せた少量の塩の重さを正確に知りたい、といったケースがほとんどでしょう。塩の重さが高精度で知れるなら、お皿の重さを含む全体の総重量に対して多少のズレがあっても何の問題も起きないでしょう。そうならば、F1 級分銅よりずっと手軽に購入・維持できる M1 (許容誤差 50 ppm) 級の分銅でも十分に要求を満たせます。その場合でも、微分直線性が適切なレベルで確保されていれば、器に乗せた塩の重さは高精度で計測できます。(微分直線性については 補足2 に、また、本製品の校正後の性能測定結果を 補足3 に記します。) [ 補足2: 直線性と微分直線性 ]直線性と微分直線性の違いを、キッチンスケールの例で直観的に説明します。耐熱皿に食塩を少量取り分けるとします。重さを測定すると、皿だけで 345.67g, 皿に食塩を入れた状態で 347.89g あったとします。すると、食塩の重さは、両者の差である 2.22g になります。このとき、食塩の重さ 2.22g はどれくらい正確なのでしょうか。たとえば得られた2つの測定値に不確かさがそれぞれ 0.10 g あるとします。(実際の重さは、測定値より 0.10g 重いことも軽いこともありうる。)その時、両者の差をとった食塩の重さの不確かさはどれ位でしょうか。ちょっと目には、少なくとも 0.10g の不確かさがあるように思えます。最悪、0.20g あったらどうしよう、と心配になる人もいるでしょう。ところが、はかりによっては、それよりずっと小さな値、たとえば 0.02g になることもあります。これは差をとることで、2つの測定値に共通に含まれる誤差がキャンセルされ、高い精度の結果が得られることがあるからです。この現象は、はかりに固有なものではありません。たとえば、ナビで使われる GPS でも見られます。車の位置表示が実際とずれているのに、車が進む方角と速さがなぜか正確、というような現象です。(車速パルスやステアリング情報がない GPS 単独航法でも起きます。)「直線性」が、異なる測定値それぞれの誤差の大きさを問題にするのに対し、「微分直線性」は、ふたつの近接した値の差に対する誤差の大きさを問題にします。通常の「精密電子天秤」では微分直線性はあまり問題になりませんが、「調理用はかり」では、上記のケースのように、場合によっては直線性より重要な性能指標となりえます。(そして、補足3でわかるように、本製品を含む多くの海外製の高性能キッチンスケールは、すぐれた微分直線性を示しています。一方、私が最初に示した日本規格のものは、いわゆる「複目量はかり」というもので、単に目量切り替え操作が煩わしいのみならず微分直線性がひどく悪いため、食塩部分の測定精度が、皿の重さの増加に従い「桁違い」に悪化していきます。) [ 補足3: 本製品の校正後の精度チェック ] この秤は非常に精度が高いように思えたので、客観的性能をみるため、以下の3つの項目をチェックしました。1. 直線性  (分銅を 10g から 500 g まで変化させて、重さをみる。)2. 微分直線性 (20 g から 500g の分銅でゼロ点セットして、その上で 10g の分銅を加えて増加した分の重さを調べる。)3, 偏置誤差 (100g または 200g の分銅を秤の台の中央または四隅のいずれかに置いて、重さをみる。)結果は以下のように、秤量までの範囲で一番下の桁が +-1 の誤差で信用できる、というもので、想像以上に良好でした。誤差が発生したケースは、今回の測定では、すべて、同一分銅への複数回の測定で、最終桁が +-1 揺れる「繰返し性の問題」に起因していました。( ただし、校正や測定に使用した分銅の許容誤差が目量の 1/3 を超える 100g 以上では、直線性誤差はこれより大きい可能性が残ります。一方、微分直線性誤差や偏置誤差、繰り返し測定の繰返し性誤差に関する測定結果は、この分銅残留誤差の影響を受けていないと考えられます。)校正用分銅を用いた測定の手順と結果測定手順と結果の表示法 * 測定は5回1セットで行い、各測定前にゼロ点リセットを行い、測定は最終の分銅を置いてから 10 秒後の値を読み取っています。 * 校正に用いた分銅は、すべて許容誤差 50 ppm。測定用の分銅は、すべて M1 級。 ( 50 ppm は、秤量 500g において、目量 0.01g の 2.5倍に相当。) * 測定結果の値はすべて分銅公称値と測定値との差で、単位は目量 (0.01g)。 ( 例: +1 は、測定結果が分銅公称値より 0.01g 重い。) * 評価結果は、( 最小、最大、中央値、平均、標本標準偏差 ) の5つ組。 ( 平均と標本標準偏差は、誤差が検出された場合のみ小数1桁まで表示。)1 直線性事実上、誤差は すべての測定レンジで目量ひとつ分程度です。( 重量の横の [ ] 内の値は、使用したM1 級分銅の許容誤差の総和を、目量 (0.01g) 単位で表示したものです。実際の誤差は、この値の分だけ大きい可能性があります。)  10g [0.2]  ( 0, 0, 0, 0, 0 )  20g [0.25] ( 0, 0, 0, 0, 0 )  50g [0.3]  ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 100g [0.5]  ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 200g [1.0]  ( -1, +1, 0, 0.0, 0.7 ) 300g [1.5]  ( 0, +1, 0, +0.2, 0.4 ) 400g [2.0]  ( 0, +1, 0, +0.2, 0.4 ) 500g [2.5]  ( 0, +1, 0, +0.2, 0.4 )  (注意: 校正に用いた分銅を用いて測定しているので、単なる再現性の測定。)2. 微分直線性ベースの重さの分銅( 0g から 500g まで)を台にのせて表示が安定した後ゼロ点リセットした上で、10 g M1 級分銅 (許容誤差 0.02 目量分) を台に加えて、増加分の重さを測定します。そして、ベース重量がないときの値(今回の場合は分銅の公称値と同じ)との差分を求めます。(たとえベース重量の増加により目量に影響があったとしても、ベース重量がないときに得られた測定値との比較を行います。)本商品では、ベースの重量が上がると複数回測定時の繰返し性が若干下がり微分直線性に影響が出ますが、その大きさは目量ひとつ分程度です。  0g ( 0, 0, 0, 0, 0 )  20g ( 0, 0, 0, 0, 0 )  50g ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 100g ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 200g ( -1, 0, 0, -0.2, 0.4 ) 300g ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 400g ( 0, +1, 0, +0.2, 0.4 ) 500g ( 0, 0, 0, 0, 0 )3, 偏置誤差200g M1 級分銅の置き場所を台の中央から四隅に変化させたときの測定結果を、中央における測定値と差分をとった値です。台の斜め方向に影響が見られます。 左前  ( -1, 0, 0, -0.2, 0.4 ) 右前  ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 左奥  ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 右奥  ( -1, 0, 0, -0.4, 0.5 )なお、100g 分銅で同様な測定をした場合には、四隅のいずれの場所においても ( 0, 0, 0, 0, 0 ) で、誤差は検出されませんでした。 [ 補足4: 本製品の校正2週間後の精度チェック ] (2022.3.27 追記)最初の校正後2週間たったところで、再校正の必要性をみるため、校正に使った分銅を用いて再測定をしました。結果は、 ( 0, 0, 0, 0, 0 ) で、誤差が検出されませんでした。長期的な影響はともかく、短期的にどんどんずれていくことはなさそうです。要注意な点として、分銅をあらかじめ測定場所に放置して、分銅の温度を室温にそろえておくことが非常に重要なことがわかりました。冷たい分銅を湿度の高いところに持ち込むと、ビアジョッキみたいにごく微小な水滴が分銅について、それが測定誤差に直結します。水滴の曇りが見えなくてもずれます。かなり敏感なものだ、ということがわかりました。また、一部の項目で追加測定をしました。偏置誤差で、秤量の 1/3 を超える 200g でのデータを追加しました。100g の場合と異なり、若干の誤差が見受けられました。直線性のところで、 300g, 400g の値を足しました。また、微分直線性では、300g, 500g の値を足しました。(510g でも測定可能であったため。)複数の分銅を台に置く際には、偏置誤差の測定結果を参考に、影響が出にくいように分銅を配置しました。 [ 補足5: 重量マイナス表示から秤量以上の重量を測定 (仕様外動作) ] (2022.4.11 追記)このキッチンスケールを利用中、表示がマイナス (たとえば、-350g) の場合、秤量 (500g) 以上のもの (たとえば、680g) をのせてもエラーとならず、加算した正しい値 (たとえば、330g) を示すことに偶然気がつきました。追加時に重心が動かない使い方、たとえば、350g のマグカップの上に 300g のコーヒードリッパーを載せて、コーヒー豆 (20g 程度) やお湯 (180g 程度) の量を測定する場合などで便利に使え、十分に正確な値を示します。全体では秤量 500g を超えてしまいますが、適時ゼロ点リセットしていくと、コーヒー豆やお湯の重さをそれぞれ正確に表示してくれます。表示された重量がどの程度信頼できるのか、M1 級の分銅を用いてチェックをしてみました。表示をマイナス秤量 (-500g) にセットした上で、秤量を超える 600g, 700g, および 1,000g の分銅を載せて測定してみました。いずれもエラー表示にならず正しい値 (100g, 200g, 500g) を示しました。ただし、以下の点で注意が必要です。* あくまで仕様外の動作なので、他商品で同様に動作したり長期的に安定している保証はない。* 繰り返し誤差が若干出やすい。(目量1つ分くらい)* 偏置誤差の影響が出やすい。(ちょっと重心がずれると、目量4つ分くらい動くことがある。)* 測定値が安定するまで時間がかかることがある。(値が 10秒程度揺れることがある。)上に積み重ねたり、容器の中に食材を少量ずつ追加するなど、重心があまり動かない場合には、十分に実用になると思います。なお、今回、再校正しました。校正用分銅で4目量を超える誤差が出たからです。残念ながら、1年間校正なしでも +-2 目量以下、というのは無理なようです。 585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50 中古硬式テニスボール 60個 最新のデザイン 卓抜 中古テニスボール 60球 www.anavara.com
585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50
585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50
竹永康晴 4
メーカーで洋服の金属探知機に使用しています。金属に反応する、スピードが速くレスポンスが良い。適度なサイズ感で持ちやすいですね。

585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50
585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50
585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50
ナマノリ 3
スライド面がそれぞれ1面で、、私には、あまり使い安くはなかったです。

585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50
585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50
585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50
585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50
R 3
新品買ったのに、ひび割れが数か所。有り得ないよね、こんなの詐欺か人を馬鹿にしてんのか

585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50
大鶴 旭 3
バッテリーの一つが使えなかった。

デジタル太郎 5
秤量(測定可能な最大重量) 500g までが、0.01g の目量 (最小目盛り、分解能) で測定できる電子式のスケール(はかり)です。高精度の小型キッチンスケールとして、非常に実用性が高い商品だと思います台所で、食材に振りかけたり調合する食塩・調味料や香辛料の量を正確に扱う、などの目的で購入しました。実際の使用ケースとして、魚の切り身に塩・こしょうを振りかけたときに、その重さの変化を検知できるかを調べました。卓上焼き塩の一振りはおおよそ 0.03g ですが、一振りごとの重さの変化をすぐに正しく検知できました。勘に頼る必要がなくなり、これは便利です。日本規格の家庭用キッチンスケール ( JIS B7613 「調理用はかり」のうち、重力補正方法に「地域指定方式」を用いるもの ) は、本製品と比べると ひどく時代遅れで使いにくく感じます。私は、この方式の日本製で目量 0.1g のものを他に持っているのですが、それは電源を入れるたびに精度設定が必要です。また、300g を超えると強制的に精度を 0.5g に落としてしまい、元に戻すには、軽くした上で、再設定することが必要、という手間のかかる使い勝手になっています。せっかくの高精度モード (目量 0.1g, 計量精度 +-0.3g) も実用性が大きく損なわれています。(たとえば、私が調理で愛用するガラス製耐熱ボウルは、重量が 285g ほどあります。なので、高精度モードで計量できる重さは、総量が大さじ1杯程度に限定されて、それから先は、中間精度モード (目量 0.5g, 計量精度 +-1g )になってしまいます。)その点、本製品は私には便利で快適に使用できます。はかりとしての基本性能が大きく向上し、使用上の制約が少ないことにより、調理時に期待通りの働きをしてくれます。(両者の基本性能の大きな違いについては、下記の補足1にて考察します。)本製品の使用法ですが、通常の日本規格のキッチンスケールとは異なる注意点があります。これまでのものはボタンが2つなのに、これは4つもあり、最初は少々とまどいました。小さい字の英語の取説を熟読することが必要です機能は電源の on/off, ゼロ点リセット の標準的な機能に加えて、表示単位切り替え, 計数、校正 など、多機能です。一番の大きな違いとして、このはかりは日本規格のような使用地域指定ではなく、分銅により重力の違いを補正する校正機能をもっています。補足1の議論とも関係しますが、本製品は、使用開始前に分銅を用いた初期校正を行うことを強くおすすめします。(校正を行わなくても使用はできますが、表示がかなり不正確になります。私が購入したものでは、校正前には、500g で 0.5g (目量 50 個分) を超える誤差のある値を表示していました。初期校正として、手持ちの校正用分銅(許容誤差 50 ppm, M1級 相当) を用いて、説明書に従い校正を行いました。 校正後は、こうした大きな誤差はなくなりました。校正後の本製品の精度詳細は、下記の 補足3に示します。)このはかりは、500g の分銅ひとつがあれば、それを台にのせてボタン操作するだけで、短時間で校正できます。ただし、ボタン操作自体はちょっと複雑で、英語の説明書を読まないと行えません。本製品の能力を活用するには、500g の校正用分銅を別途用意することに加えて、校正手順を記した日本語メモをつくり、分銅とともに手元に保管しておくと便利でしょう。なお、再校正がどれくらいの頻度で必要かは今のところ不明です。情報が得られた時点で追記したいと思います。(年1回くらいで済むと助かります。)(補足4 に、校正2週間後に校正分銅を用いて再測定した結果を付記しました。)まとめですが、本製品は、小型ながら基本性能が高く調理で使いやすい優れた商品だと思います。もし、現在利用しているキッチンスケールが g 単位表示までで少量時の精度が足りない、あるいは 300g 以上で測定精度が強制的に下がるため、加えた食材・調味料などの増加分の精度が足りない、などの不便を感じている場合には、本製品は特におすすめできます。また、もし初期校正・動作確認・再校正などのため新たに 500g 分銅を用意する場合には、本製品の用途・性能を考慮すると、M1 級相当以上のものが望ましいです。なお、コーヒーを入れるなど、秤量 (500g) を少々超える場合でも便利な使い方があることがわかったので、補足 5 に追記しました。 [ 補足1: 日本規格の調理用はかり が抱える問題と根源 ]日本規格の家庭用の調理用はかりの性能が海外製品に比べて非常に低く使いにくいのは、 関連するJIS 規格 B7613 が不適切で、直線性の精度要求に過剰規定があるからだ、と私は考えます。まず、性能が著しく低い点。基本性能では、はかりの重要な性能指標である 目量 および 目量の数 (秤量 を 目量 で割った値、以下、総目量数とよぶ) に大きな差があります。日本規格の家庭用キッチンスケールでは、目量が 1g, 0.5g または 0.1g です。また、総目量数も わずか 3k に過ぎません。一方、この製品を含む多くの海外商品は、数千円以下の手軽な小型のスケールであっても、目量は 1g, 0.1g, に加えて 0.01g の商品があります。総目量数もこの製品を含む多くが 50k に達しています。計量精度も計量できる範囲も、文字通り「桁違い」の差があります。日本規格のキッチンスケールの性能の低さの根本原因は、総目量数の少なさ ( 3k ) にあります。さらにこれは、重力補正を地域指定にしていることに起因していると考えられます。日本は地域により重力差があり、はかりの表示値に思いのほか大きな誤差を生み出します。東京を基準にすると、北の稚内で +900 ppm (ppm は 1/1,000,000 のこと),  南の鹿児島では、-300 ppm,  沖縄だと -700 ppm ほどになります。総目量数が 3k (分解能 333 ppm) 程度だと、現状のような十数個までの地域指定(あるいは重力の有効桁4桁の選択) で重力補正することで十分でしょう。しかし、総目量数を 50k (分解能 20 ppm) に拡大するとそれは不可能です。重力誤差を目量 の 1/3 程度に抑えて補正しようとすると、地域指定方式では、 240 ほどに分類する必要が出てきます。加えて、標高や高度などによる補正も必要です。(日本近辺では、地面の標高がおよそ 50 m 上がるごと,また、地面から利用場所までの高さがおよそ 32 m 上がるごとに、それぞれ重力基準となるジオイドの値から 10 ppm ずつ減少します。) これらの複雑な重力補正を「調理用はかり」の家庭ユーザに行わせることは現実的ではありません。どうしても、設置場所にて分銅を用いて重力補正する、本製品や電子天秤で用いられている方法をとらざるをえなくなります。分銅を用いた校正には、主に重力の影響と重量センサー感度を調整するため、秤量近くの1点およびゼロ点で校正を行うスパン調整と、加えて秤量の半分(半量点)近くでも分銅による校正を行う非直線性誤差校正の2種類があります。(本製品を含めて、家庭用キッチンスケールは大部分がスパン調整のみですが、一部製品には非直線誤差校正機能をもつものもあります。)こうした分銅校正機能を持たせても、実は問題が依然として残ります。それは、JIS B7613 が不適切な規定を含み、規格準拠の重力補正を行うには、用途にそぐわない高精度・高価な分銅を要求するからです。日本の規格では、目量と総目量数を基準に最大許容誤差を定めます。これが、総目量数の大きな高精度の家庭用はかりをつくる上で大きな支障となります。たとえば、「家庭用キッチンスケール」である本製品を、日本規格の家庭用調理はかりに基づいて、設置場所である「家庭」において校正しようとすると、総目量数 50k の分解能 20ppm のさらに 1/3、すなわち、 6.6 ppm の精度での校正が要求されます。これは分銅では F1 級 (許容誤差 5 ppm) に相当します。この精度は、企業の研究所で扱うような、非常に高精度・高価なものです。精度を長期間維持するのも大変です。そんなものが、数千円以下の「調理用はかり」を使う各家庭で必要だなんて、ばかげています。これは、現実の調理においてユーザが重さ計量に何を期待しているのかに無関心・無頓着で、規格内容が「高性能な家庭用キッチンスケール」に求められる機能・性能要件を正しく把握・反映していないからです。調理の場合、高精度が必要なのは、ガラス耐熱皿に少量の食塩を計り取る場合のように、皿を置いてゼロ点に設定して、それに載せた少量の塩の重さを正確に知りたい、といったケースがほとんどでしょう。塩の重さが高精度で知れるなら、お皿の重さを含む全体の総重量に対して多少のズレがあっても何の問題も起きないでしょう。そうならば、F1 級分銅よりずっと手軽に購入・維持できる M1 (許容誤差 50 ppm) 級の分銅でも十分に要求を満たせます。その場合でも、微分直線性が適切なレベルで確保されていれば、器に乗せた塩の重さは高精度で計測できます。(微分直線性については 補足2 に、また、本製品の校正後の性能測定結果を 補足3 に記します。) [ 補足2: 直線性と微分直線性 ]直線性と微分直線性の違いを、キッチンスケールの例で直観的に説明します。耐熱皿に食塩を少量取り分けるとします。重さを測定すると、皿だけで 345.67g, 皿に食塩を入れた状態で 347.89g あったとします。すると、食塩の重さは、両者の差である 2.22g になります。このとき、食塩の重さ 2.22g はどれくらい正確なのでしょうか。たとえば得られた2つの測定値に不確かさがそれぞれ 0.10 g あるとします。(実際の重さは、測定値より 0.10g 重いことも軽いこともありうる。)その時、両者の差をとった食塩の重さの不確かさはどれ位でしょうか。ちょっと目には、少なくとも 0.10g の不確かさがあるように思えます。最悪、0.20g あったらどうしよう、と心配になる人もいるでしょう。ところが、はかりによっては、それよりずっと小さな値、たとえば 0.02g になることもあります。これは差をとることで、2つの測定値に共通に含まれる誤差がキャンセルされ、高い精度の結果が得られることがあるからです。この現象は、はかりに固有なものではありません。たとえば、ナビで使われる GPS でも見られます。車の位置表示が実際とずれているのに、車が進む方角と速さがなぜか正確、というような現象です。(車速パルスやステアリング情報がない GPS 単独航法でも起きます。)「直線性」が、異なる測定値それぞれの誤差の大きさを問題にするのに対し、「微分直線性」は、ふたつの近接した値の差に対する誤差の大きさを問題にします。通常の「精密電子天秤」では微分直線性はあまり問題になりませんが、「調理用はかり」では、上記のケースのように、場合によっては直線性より重要な性能指標となりえます。(そして、補足3でわかるように、本製品を含む多くの海外製の高性能キッチンスケールは、すぐれた微分直線性を示しています。一方、私が最初に示した日本規格のものは、いわゆる「複目量はかり」というもので、単に目量切り替え操作が煩わしいのみならず微分直線性がひどく悪いため、食塩部分の測定精度が、皿の重さの増加に従い「桁違い」に悪化していきます。) [ 補足3: 本製品の校正後の精度チェック ] この秤は非常に精度が高いように思えたので、客観的性能をみるため、以下の3つの項目をチェックしました。1. 直線性  (分銅を 10g から 500 g まで変化させて、重さをみる。)2. 微分直線性 (20 g から 500g の分銅でゼロ点セットして、その上で 10g の分銅を加えて増加した分の重さを調べる。)3, 偏置誤差 (100g または 200g の分銅を秤の台の中央または四隅のいずれかに置いて、重さをみる。)結果は以下のように、秤量までの範囲で一番下の桁が +-1 の誤差で信用できる、というもので、想像以上に良好でした。誤差が発生したケースは、今回の測定では、すべて、同一分銅への複数回の測定で、最終桁が +-1 揺れる「繰返し性の問題」に起因していました。( ただし、校正や測定に使用した分銅の許容誤差が目量の 1/3 を超える 100g 以上では、直線性誤差はこれより大きい可能性が残ります。一方、微分直線性誤差や偏置誤差、繰り返し測定の繰返し性誤差に関する測定結果は、この分銅残留誤差の影響を受けていないと考えられます。)校正用分銅を用いた測定の手順と結果測定手順と結果の表示法 * 測定は5回1セットで行い、各測定前にゼロ点リセットを行い、測定は最終の分銅を置いてから 10 秒後の値を読み取っています。 * 校正に用いた分銅は、すべて許容誤差 50 ppm。測定用の分銅は、すべて M1 級。 ( 50 ppm は、秤量 500g において、目量 0.01g の 2.5倍に相当。) * 測定結果の値はすべて分銅公称値と測定値との差で、単位は目量 (0.01g)。 ( 例: +1 は、測定結果が分銅公称値より 0.01g 重い。) * 評価結果は、( 最小、最大、中央値、平均、標本標準偏差 ) の5つ組。 ( 平均と標本標準偏差は、誤差が検出された場合のみ小数1桁まで表示。)1 直線性事実上、誤差は すべての測定レンジで目量ひとつ分程度です。( 重量の横の [ ] 内の値は、使用したM1 級分銅の許容誤差の総和を、目量 (0.01g) 単位で表示したものです。実際の誤差は、この値の分だけ大きい可能性があります。)  10g [0.2]  ( 0, 0, 0, 0, 0 )  20g [0.25] ( 0, 0, 0, 0, 0 )  50g [0.3]  ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 100g [0.5]  ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 200g [1.0]  ( -1, +1, 0, 0.0, 0.7 ) 300g [1.5]  ( 0, +1, 0, +0.2, 0.4 ) 400g [2.0]  ( 0, +1, 0, +0.2, 0.4 ) 500g [2.5]  ( 0, +1, 0, +0.2, 0.4 )  (注意: 校正に用いた分銅を用いて測定しているので、単なる再現性の測定。)2. 微分直線性ベースの重さの分銅( 0g から 500g まで)を台にのせて表示が安定した後ゼロ点リセットした上で、10 g M1 級分銅 (許容誤差 0.02 目量分) を台に加えて、増加分の重さを測定します。そして、ベース重量がないときの値(今回の場合は分銅の公称値と同じ)との差分を求めます。(たとえベース重量の増加により目量に影響があったとしても、ベース重量がないときに得られた測定値との比較を行います。)本商品では、ベースの重量が上がると複数回測定時の繰返し性が若干下がり微分直線性に影響が出ますが、その大きさは目量ひとつ分程度です。  0g ( 0, 0, 0, 0, 0 )  20g ( 0, 0, 0, 0, 0 )  50g ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 100g ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 200g ( -1, 0, 0, -0.2, 0.4 ) 300g ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 400g ( 0, +1, 0, +0.2, 0.4 ) 500g ( 0, 0, 0, 0, 0 )3, 偏置誤差200g M1 級分銅の置き場所を台の中央から四隅に変化させたときの測定結果を、中央における測定値と差分をとった値です。台の斜め方向に影響が見られます。 左前  ( -1, 0, 0, -0.2, 0.4 ) 右前  ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 左奥  ( 0, 0, 0, 0, 0 ) 右奥  ( -1, 0, 0, -0.4, 0.5 )なお、100g 分銅で同様な測定をした場合には、四隅のいずれの場所においても ( 0, 0, 0, 0, 0 ) で、誤差は検出されませんでした。 [ 補足4: 本製品の校正2週間後の精度チェック ] (2022.3.27 追記)最初の校正後2週間たったところで、再校正の必要性をみるため、校正に使った分銅を用いて再測定をしました。結果は、 ( 0, 0, 0, 0, 0 ) で、誤差が検出されませんでした。長期的な影響はともかく、短期的にどんどんずれていくことはなさそうです。要注意な点として、分銅をあらかじめ測定場所に放置して、分銅の温度を室温にそろえておくことが非常に重要なことがわかりました。冷たい分銅を湿度の高いところに持ち込むと、ビアジョッキみたいにごく微小な水滴が分銅について、それが測定誤差に直結します。水滴の曇りが見えなくてもずれます。かなり敏感なものだ、ということがわかりました。また、一部の項目で追加測定をしました。偏置誤差で、秤量の 1/3 を超える 200g でのデータを追加しました。100g の場合と異なり、若干の誤差が見受けられました。直線性のところで、 300g, 400g の値を足しました。また、微分直線性では、300g, 500g の値を足しました。(510g でも測定可能であったため。)複数の分銅を台に置く際には、偏置誤差の測定結果を参考に、影響が出にくいように分銅を配置しました。 [ 補足5: 重量マイナス表示から秤量以上の重量を測定 (仕様外動作) ] (2022.4.11 追記)このキッチンスケールを利用中、表示がマイナス (たとえば、-350g) の場合、秤量 (500g) 以上のもの (たとえば、680g) をのせてもエラーとならず、加算した正しい値 (たとえば、330g) を示すことに偶然気がつきました。追加時に重心が動かない使い方、たとえば、350g のマグカップの上に 300g のコーヒードリッパーを載せて、コーヒー豆 (20g 程度) やお湯 (180g 程度) の量を測定する場合などで便利に使え、十分に正確な値を示します。全体では秤量 500g を超えてしまいますが、適時ゼロ点リセットしていくと、コーヒー豆やお湯の重さをそれぞれ正確に表示してくれます。表示された重量がどの程度信頼できるのか、M1 級の分銅を用いてチェックをしてみました。表示をマイナス秤量 (-500g) にセットした上で、秤量を超える 600g, 700g, および 1,000g の分銅を載せて測定してみました。いずれもエラー表示にならず正しい値 (100g, 200g, 500g) を示しました。ただし、以下の点で注意が必要です。* あくまで仕様外の動作なので、他商品で同様に動作したり長期的に安定している保証はない。* 繰り返し誤差が若干出やすい。(目量1つ分くらい)* 偏置誤差の影響が出やすい。(ちょっと重心がずれると、目量4つ分くらい動くことがある。)* 測定値が安定するまで時間がかかることがある。(値が 10秒程度揺れることがある。)上に積み重ねたり、容器の中に食材を少量ずつ追加するなど、重心があまり動かない場合には、十分に実用になると思います。なお、今回、再校正しました。校正用分銅で4目量を超える誤差が出たからです。残念ながら、1年間校正なしでも +-2 目量以下、というのは無理なようです。

585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50

585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50

商品の状態全体的に状態が悪い
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域千葉県
発送までの日数2~3日で発送


プレッシャーボール60球の中古60球硬式テニス ボールセットです。 ( メーカーランダム) プレッシャー ◼︎ウィルソンTOUR 25球 ◼︎ダンロップHD 35球 ※画像参照をお願い致します。 ●60球+80サイズ送料850円+手数料の合計価格となります。 ●すでに格安ですのでお値引きは難しいです。 ●関東エリアからお送り致します。 ●中古ボールですのでジャンク扱いとさせて頂きます。 ※ジャンクの意味がわかる方でお願い致します。 ※その為、(状態悪い)にしております。 写真に写っているボールの計60球セットとなります。 ※ハードコートで使用しましたので、ボールのダメージも状態もバラバラです。気になる方はご遠慮ください。 ※プレッシャーボールは新品では有りませんのでゴムのへたりや抜けた感じのボールが有ります。 ※柔らかい物からやや硬い物まで混じっています。 ※雨の後のハードコートで使用した汚れた球も混じっています。画像からご判断下さい。 ※ラリー練習などですと飛びが厳しい球も混じっておりますが、球出し練習やサーブ練習、野球等のお子様のトスバッティング練習などにも良いとか思います。 ※以前に、ワンコの玉遊びに購入された方もいらっしゃいます。汚れが気になる方は水道で洗ってあげると良いかもです。 ※練習中に混じった、マジックでマーキングされた球もございますのでご了承下さい。 中古ジャンク扱い品の為、ご理解の上、ご購入下さい。 中古ボールですので、現状のままで、ご理解頂ける方にお譲りしたいと思います。 ジャンクの杜ランク ★★★使用には問題無いのでは おすすめ度 ★★★★ 球出し練習やサーブ練習用でいかがでしょうか。 使い方色々 硬式 テニス ボール テニスボール ブリジストン ブリヂストン BRIDGESTONE ダンロップ DUNLOP ウィルソン WILSON サーブ練習 球出し 壁打ち 野球 トスバッティング 軟式 軟式野球 メジャーリーグ ベースボール ノック 椅子足カバー マッサージ ツボ押し 腰痛 ワンコ 公園

585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50

おすすめ番組

ラジドラBOX ホラー特別編 ~12色のクレ怨~

AuDee新サービス「マイスタジオ」

AuDeeプレミアム

2022夏 大学生“リアル”呼び出し実態調査 by ぺえ教頭 supported by 東洋学園大学

FRUITS ZIPPERなう!

No BUDDiiS

僕らのボイスログ【ONE N’ ONLY/原因は自分にある。/BUDDiiS】

松岡広大のDressing Park

中川大輔「ラジオリスナー:中川大輔 ラジオ作りました!」

飯田里穂の推し活推進部!

JACK IN THE RADIO

PiXMiXのチアラジ

渡部秀 Shoot The Moon

RiCE RADiO〜ほうたれ〜

Liyuuのはつらじ

学芸大青春の青春ラジオ

2022夏 大学生“リアル”呼び出し実態調査 by ぺえ教頭 supported by 東洋学園大学

清水理子の「りこぴん」と呼んで!from 虹のコンキスタドール

SkyPeace TOUR2022「Grateful For 」ツアーボイスログ

AuDee CONNECT・月曜日【狩野英孝】

「菌活project 2022 energy for SUMMER +」 AuDee特別コンテンツ~きのこは私を元気にする!~

FM-NIIGATA LOTS ON

岡田結実のラクしよトーク supported by サボリーノ

White Tailsの王道ラジオをやってみた!

JFN Special Life Time Audio 2022 ~My First Music~「14歳のプレイリスト」

From INI

ブランディア presents 眠れる森の美しいモノたち

OH! HAPPY STYLE presented by JICA

お店ラジオ supported by スマレジ

サンミュージックチャンネル サンQ!ドリームマッチ

AuDeeコンテンツランキング

JFNラジオCMコンテスト2022~ラジオに乗せて、学校アピール~

JFNラジオCMコンテスト2022~ラジオに乗せて、学校アピール~ は、JFN38局と日本の次世代を担う全国の学生がタッグを組み、学生自身の学び舎をテーマに、自由な発想と表現力の発露の場を設けます。※2020年度よりタイトル変更(旧:JFN学生ラジオCMコンテスト)

585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50
585円 【絶品】 硬式テニスボール メーカーランダム 中古60球セット No.50
Reviews: 4.6 - "1" by, に書かれています
狭い場所に必要だったため購入しました。ブランド品で安心感があります。またKTCを集めていますので、満足していいます。
5 - "2" by, に書かれています
強粘着タイプではありません。台から剥がしてメモ→PCに貼る、これだけしかしてないのに、ぺらぺらっと剥がれます。貼り直ししたら、ヘタります。使うことはできるので使ってますが、強粘着タイプが欲しい人にはオススメしません。あと、あるあるですが濃い色の付箋にはメモできないと思ったほうがいいです。色が濃すぎて文字が見えにくい。
3 - "3" by, に書かれています
あまり期待はしていなかったが、しっかりとネジが締め付けできました。なかなか役に立ちそうです。
5 - "4" by, に書かれています
古いアコギがやたらチューニングが狂うので修理用に購入しました。安いけどちゃんと使えてます。取付するのに10mmの穴に拡大しました(9.5mmの穴には入りませんでした)。ただ、比べてはいませんが有名メーカーの高級品と同等の精度を追求すべきではないと思います。差し引いても★5つでよいかと。
5 - "5" by, に書かれています
すぐギターに馴染み、ぶっとい音、チューニングが狂いにくい。品質に問題なく、私は良いと思う。そしてこの価格は嬉しい。
5 - "6" by, に書かれています
とても良い商品で、大変満足してます!ありがとうございました!
5 - "7" by, に書かれています
いいと思います。他メーカーは使用してないのでわかりませんが…何がいいかは…。何となくです。
4 - "8" by, に書かれています
最近サブギターとして購入したレスポールタイプのブリッジのスタッドの質が悪いのか、弦の張力に負けてスタッドに弦が食い込んでいたのと、元々はABR-1タイプが付いていたのですが、オクターブがギリギリ合うぐらいの際どい所だったのと、何度かABR-1タイプのブリッジのスタッドの角で怪我をしたことがあり、あまり好みではないので、ナッシュビルタイプに交換しようと一番安いこちらを購入しました。この値段ですが、中身はGOTOH製なのでしっかりしてます。浅目に弦の溝が入ってますが、ギブソンタイプのギターならテイルピースからブリッジ間にかなりのテンションが掛かるので、そのままでも十分使えます。そして、元のブリッジの時はギリギリオクターブが合っているような際どい位置にスタッドが来てましたが、こちらに交換したらかなり余裕のある位置で合いました。スタッドへの当たり方が変わって音が若干シャープになり、メインのテレキャスとのマッチングも良くなりました。ナッシュビルタイプはオクターブ調節用のビスがプラスなのも現代的でいいですね。拘る方はマイナスの方がいいんでしょうけど、そうでない場合はマイナスはただ使いにくいだけですので。
5 -

AuDeeプレミアム

山田玲司とバグラビッツ

NISSAN あ、安部礼司 ~BEYOND THE AVERAGE~

椎名へきるのへきるパークへようこそ!

農業声優Machicoの週末ノウカー

松岡広大のDressing Park

JACK IN THE RADIO

AuDeeプレミアム

AuDee CONNECT・水曜日【蓮見翔(ダウ90000)】

でんぱch.♥

近藤頌利 勝利の法則

しゅーずのNight Connect

関取花のこれより三役

緒方恵美の咆エールROCK!

飯田里穂の推し活推進部!

AuDee CONNECT・火曜日【大野雄大・花村想太(Da-iCE)】

僕らのボイスログ【ONE N’ ONLY/原因は自分にある。/BUDDiiS】

AuDee CONNECT・月曜日【狩野英孝】

White Tailsの王道ラジオをやってみた!

学芸大青春の青春ラジオ

水樹奈々のMの世界

清水理子の「りこぴん」と呼んで!from 虹のコンキスタドール

渡部秀 Shoot The Moon

AuDee CONNECT・木曜日【梅田サイファー】

AuDee TREND

音楽・エンタメ

Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り

きゃりーぱみゅぱみゅの なんとかぱんぱんラジオ

デイリーフライヤー

SCANDAL Catch up supported by 明治アポロ

OH! HAPPY MORNING

企業の遺伝子

和楽器バンド 鈴華ゆう子の 日本が好きになっちゃうラジオ

Otona no Radio Alexandria

クリエイターズ・スタジオ with ボカコレ【月曜日】

MAYU EMPiREの深夜お散歩部

TOKYO TEPPAN FRIDAY supported by Ginza Sony Park

杏子と政哉の Spice of Life GOLD

Music Stories~ライブハウスからのそれぞれの物語~

PEOPLE【ザ・ニュースペーパー】日曜日の朝刊・世界を笑え

WANIMAのラジオ

オカダ・カズチカ ラージオオシャベリング

山田玲司とバグラビッツ

COAST TO COAST

鈴村健一のアイスム 週末ダイニング

TOKYO SPEAKEASY

世界vision lab

CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅ Chapter #0 ~Touch Your Heart~

福山雅治と荘口彰久の地底人ラジオ

太田胃散 presents DAIGOのOHAYO-WISH!!

ラジオでお給仕っ!めいどいん!の萌えチャージ♡

JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE

ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!TOP10

矢野きよ実の無敵な日曜日

SCHOOL OF LOCK!

s**t kingzのダンサーだってしゃべりたい

アニメ・コミック・声優

羽多野渉と古賀葵 コエ×コエ

椎名へきるのへきるパークへようこそ!

指出毬亜のサシデナブルなラジオ

アニゲとーく

Lantis EXPO

Liyuuのはつらじ

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン

緒方恵美の咆エールROCK!

飯田里穂の推し活推進部!

D4DJ presents アニソン・ブレイク!!!!

What a Wonderful Radio!!

学芸大青春の青春ラジオ

水樹奈々のMの世界

あにめdawn!!!!!

耳にもおいしいラジオ

Good-Track!

マイメロディのマイメロセラピー

トゥルークライム アメリカ殺人鬼ファイル~AuDeeダイジェスト~

Hello!飯田ワーク

奇跡の両声類~魅惑の七色ボイス~

KOTOKO「The Bible ~story~」

猫田あしゅの猫ろびラジオ

AuDee 再生ランキング TOP 10!

声優NOTE

生田輝のてるch

西田望見の「のぞみる荘!」管理人日記

DIALOGUE+ MINILINE

伊藤彩沙のこんあやさナイト

高槻かなこのROYAL Night

Delightful Days

ゲーム・動画クリエイター

アニゲとーく

モーリーのメタバース居住区

名越スタジオ presents Future Lounge

ゲーミングカフェ「Creator seed」

White Tailsの王道ラジオをやってみた!

島津真太郎の週末ゲームCAMP

サバイバルゲーム「マル秘」トーク♪

GAME MUSIC DUNGEON supported by SQUARE ENIX MUSIC

SkyPeace TOUR2022「Grateful For 」ツアーボイスログ

週イチ修一朗

さくまみおのラジオ やってみお!

ゆでたま沸騰中

うじたまいの楽しい大人になりたいな

KOTOKO「The Bible ~story~」

スタダGGのGAME PARK!

e-sports park

AuDee 再生ランキング TOP 10!

ドラマ・朗読

Dear Japan ~日本が愛おしくなる瞬間

NISSAN あ、安部礼司 ~BEYOND THE AVERAGE~

ショートショートギャラリー~声のプロと読むショートショート~

yes!~明日への便り~ presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

ブランディア presents 眠れる森の美しいモノたち

Sound Library ~世界にひとつだけの本~

一建設 presents おうちのはなし

ラジドラBOX ホラー特別編 ~12色のクレ怨~

“絆”のコミュニティ

HELLO, ONE LOVE~ひかりとみらい~

東京カレンダーRADIO

ラジドラBOX

杉崎智介SHOW

ショートショートギャラリー~声のプロと読むショートショート~supported by 薩州 赤兎馬

福山城築城400年記念協賛 広島FM特別番組「初代藩主 水野勝成~わたしが出会ったお殿様~」

悪役だったけどやさしい、アン・ボヒョンです。

羽多野渉と古賀葵 コエ×コエ

トゥルークライム アメリカ殺人鬼ファイル~AuDeeダイジェスト~

旦那デスチャット

一息つこう、私。supported by ミノン アミノモイスト

AuDee 再生ランキング TOP 10!

ラジオ・テアトル

日本生命 presents パートナーズ!~私と僕の明日物語~

声優NOTE

TOKYO FM サンデースペシャル「Distance~太田奈緒の、私が考えたこと~」

怨ライン怪談2021~配達員は2度ベルを鳴らす~

ホラー特別番組ラジオドラマ怨ライン怪談

る・ジオドラマ第1弾 ひ・るドラ「かたらずの華」

AuDeeラジオドラマ「妄想ロケットカンパニー」

コスモ アースコンシャスアクト クリーン・キャンペーン ~マイ・エコ・アクション~

恋愛

山田玲司とバグラビッツ

宗正彰の愛と経済と宗さまと

東京カレンダーRADIO

サステナ*デイズ

もちこと〇〇のラジオ

AuDee TREND

THE TRAD

AuDee 再生ランキング TOP 10!

関取花のこれより三役

ベルク presents 日向坂46の余計な事までやりましょう

ALL-TIME BEST~LUNCH TIME POWER MUSIC~ supported by Ginza Sony Park

放課後 豆柴LOCKS!

うむラジ

高橋みなみの「これから、何する?」

OVAL ANGELの~Angel Talk~

お笑い

Happy Our Party!

有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER

ヱビスビール presents Color Your Time

MDC【カミナリ】ミッドナイト・ダイバーシティー~正気の Saturday Night~

逆襲ザコシのチョゲチョゲPARK

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~

日本住宅ローン GO!GO!家族

SCHOOL OF LOCK!教育委員会

オープンハウス presents ググっと!GOODTOWN

ほけんの窓口 森三中大島の「それ、聞いてみたら?」

向井と裏方

Skyrocket Company

関田将人のレッツ!Nスポ!!

ゾフィー、それいけ!おしゃべりスター

Gottcha!!(おまけ)

アイデンティティの超でぇ雑談

グランジ炎上!

スカロケ競輪部

太田プロライブ月笑

MDC【ハナコ】ミッドナイト・ダイバーシティー~正気の Saturday Night~

TOKYO SPEAKEASY

シックスタイリングパートナー presents スカロケゴールデン会議~#ととのう剃ルーティンチャレンジ~

MUSIClock with THE FIRST TIMES

メトロンズのハーフタイムミーティング

家の裏でマンボウが死んでるP(タカハシヨウ)の太れないからビール飲む

東京海上日動 Challenge Stories ~人生は、挑戦であふれている~

山田玲司とバグラビッツ

AuDee TREND

イマドキ用語の基礎知識

SCHOOL OF LOCK!

ライフスタイル

サステナ*デイズ

コスモ アースコンシャス アクト 未来へのタカラモノ

メットライフ生命 presents マイ マネーハック

SDGs学部 ミライコード

ブルボン presents Shining Star

Sound of Oasis

PRESIDENT STATION

林宏和のビハインドゲーム

Kiss our humanity 心に触れて“整える”時間

馬渕・渡辺の#ビジトピ

Web security news

ジョルダン乗換案内 Weekend Trip

農業声優Machicoの週末ノウカー

YOUNG SONIC supported by PROMISE

防災 FRONT LINE

アクセス~就労支援情報チャンネル~

水口 ″PITPI” 晴幸 の Keep on! Rollin’

ドリームハート

Quality of Life

がんと生きる

夢叶えるサウナ~起業家とZ世代~

関田将人のレッツ!Nスポ!!

Lecture on SDGs―おしえて!村山先生!

中国電力スポ夏の応援プロジェクト

Tokyo Midtown presents The Lifestyle MUSEUM

できることから始めよう!COOL CHOICE LIFE

東讃RADIO CLOVER

キャリアシェアサービス shabell presents 槙野智章の夢しゃべるっ!

CHAIRMAN INTERVIEW

Radio Leader’s

ブック・カルチャー

CLUB CEO

NISSAN あ、安部礼司 ~BEYOND THE AVERAGE~

ショートショートギャラリー~声のプロと読むショートショート~

Sound Library ~世界にひとつだけの本~

山古志DAO

一建設 presents おうちのはなし

“絆”のコミュニティ

日常学ラジオ おじさんが成長する木曜日 Presented by 大分合同新聞

中谷日出「hello,new world~アップとルーズで伝える2050年の世界~」

XOXO~hugs and kisses~ ワンポイント英会話

ロコラバ -LoCo Lovers-

アートをもっと身近に面白く 「DALI RADIO」

銀座は夜の6時 presented by GINZA SIX

odakin勝手気ままにオススメ本

ばっかうんまいサメあんだけも

9ジラジ公開録音 in 叡啓大学

東京カレンダーRADIO

ラジドラBOX

THE INTERVIEW

杉崎智介SHOW

TOKYO FM報道チャンネル

THE INTERVIEW~広島・長崎・福島~

AuDee TREND

日本酒と[   ]

日本酒造組合中央会 presents ほっこり日本酒バー

旦那デスチャット

SHO TIME AuDee

東京ガベージコレクション

年末特別番組「羽ばたいてるね年末特番 流行リベンジャーズ2021」

一息つこう、私。supported by ミノン アミノモイスト

GREEN.LAB Y.Y. 156cm◆64 ロストボール タイトリスト Pro V1 21年モデル 20球硬式木製バットダブルリッチチョコレート味★ホエイプロテイン1kg★最安値挑戦★国産★送料無料アシックス バーストインパクト 78cmキッズ ウエットスーツ ジャージフル 起毛
ホーム